製品案内
productsmenu
zinstallwinwin zpod zinstallxp7
digionsoundx digionsoundx-express

Zinstall XP7

Windows on Windows あなたのPCにもう一つのWindowsを Zinstall XP7 ジーインストール エックスピーセブン Windows 8.1 対応版 OSも含めた旧環境を丸ごとカプセル化して引越し 新しいPCで新旧のデスクトップを簡単に切り替え
 
アプリの互換性に悩まない、安心のPCマイグレーションソフト
新しいPCでも今まで使ってきたPCのOS環境が併用できたら良いのに・・・。そんな欲張りなPCの使い方が誰にでも可能になりました。Zinstall XP7(ジーインストール エックスピーセブン)は、古いPCからOSも含めたすべて(OS/アプリケーションソフト/設定/ユーザーデータ)を移行し、新しいPCで新旧両方の環境の併用を実現するための、もっとも簡単でスピーディーなソリューションです。
 
OSも含めた旧環境を丸ごと引越しできる
移行先のPCで新旧二つの環境を併用可能
Zinstall XP7は、移行元のPCから移行先のPCに、OSも含めたすべての環境(OS/アプリケーションソフト/設定/ユーザーデータ)をワンセットでカプセル化して移行し、新旧両方の環境の併用を可能にします。新環境のOSのデスクトップと旧環境のOSのデスクトップはいつでも簡単に切り替えて使うことができ、都度OSをシャットダウンしたりPCを再起動したりする必要もありません。
移行元のPCから移行先のPC XPからWin8/Win7/Vista VistaからWin8/Win7/Vista Win7からWin8/Win7
アプリケーションソフトとOSの互換性の心配は不要
Zinstall XP7によるマイグレーションでは、移行した旧環境のOSとアプリケーションソフトの関係性は変わらないため、OSに依存する互換性の問題は発生しません。
 
こんなに便利!新旧デスクトップを自由に使い分け
新旧環境の切り替え
新旧環境の切り替えはとても簡単です。操作方法は以下の3パターンが用意されています。
1.システムトレイの通知領域にあるZinstall トレイアイコンをダブルクリックするだけで、新環境⇔旧環境を即座に切り替えることができます。
画面1
 
2.システムトレイの通知領域にあるZinstall トレイアイコンを右クリックし、「古いデスクトップに切り替え」あるいは「新しいデスクトップに切り替え」を選択することで、即座に切り替えることができます。
画面2
 
3.スタートメニューから「Switch to Old Desktop」あるいは「Switch to New Desktop」を選択することで、即座に切り替えることができます。
画面3
 
ファイルおよびテキストのコピー
二つの異なるアプリケーション間でファイルやテキストをコピーするのと同様に、新旧環境間でファイルやテキストをコピー&ペーストすることができます。
 
ディレクトリへのアクセス
新旧環境を切り替えなくても、それぞれの環境からもう一方のディレクトリに簡単にアクセスすることができます。アクセス方法は以下の2パターンです。
1.システムトレイの通知領域にあるZinstall トレイアイコンを右クリックし、「古いデスクトップファイルを表示」あるいは「新しいデスクトップファイルを表示」を選択することで、対応するフォルダーが表示されます。
2.新旧それぞれの環境でZ:ドライブを開くと、もう一方の環境のドライブが表示されます。
 
新環境から旧環境のアプリケーションを利用可能
新環境のデスクトップなどに配置されたショートカットから旧環境のアプリケーションソフトを直接起動することができます。移行が完了すると、旧環境のすべてのスタートメニューとショートカットは新環境のそれぞれの場所に"Z^ "というプレフィックス(接頭辞)をつけて統合されます。
※旧環境のOSが、Windows Vistaの場合、またはWindows XP Professional SP3より古い場合、旧環境のアプリケーションソフトは新環境からではなく旧環境に切り替えてから起動して使用します。
 
3つのマイグレーションモード:その1 新しいPCへ旧環境を引っ越して新環境と併用
旧PCからLAN Cableで新PCへ  
古いPCから新しいPCへ、OSも含めたすべて(OS/アプリケーションソフト/設定/ユーザーデータ)を移行し、併用するために使用します。「Windows XP環境をWindows 7/8パソコンで併用」や「Windows Vista環境をWindows 7/8パソコンで併用」など、様々なパターンに対応できます。

※移行元のPCのOSが64ビット版の場合、移行先のPCのCPUがHAV(Hardware Assisted Virtualization:ハードウェア仮想化支援機能)をサポートしている必要があります。

専用ケーブルは不要、LAN経由でもOK
Zinstall XP7のインストールが完了したら、2台のPCを直結またはLAN経由で接続するだけで移行の準備は完了です。PC間を直結する場合でも、ごく一般的に使われている普通のLANケーブル(ストレートケーブル)でOK。わざわざLANクロスケーブルや専用のUSBケーブル等を用意する必要はありません。手早く短時間に、かつローコストで、PCマイグレーションを実行できます。
 
 
3つのマイグレーションモード:その2 同一PC内で新旧二つの環境を併用
現在のPCで旧環境と新環境を併用  
既存のPCのOSをアップグレードした後に、旧環境のOSも含めたすべて(OS/アプリケーションソフト/設定/ユーザーデータ)を併用するために使用します。例えば、「Windows XPをWindows 7/8にアップグレードした上でWindows XP環境も併用」「Windows VistaをWindows 7/8にアップグレードした上でWindows Vista環境も併用」といったことが可能になります。

※新しいWindowsをインストールするにあたっては、別パーティションなどへ新規インストール(カスタム)を実行する必要があります。
※64ビットのWindowsを32ビットにダウングレードすることはできません。
※Zinstall XP7は環境を移行するソフトウェアであり、OSのアップグレードを行う製品ではありません。
 
 
3つのマイグレーションモード:その3 ハードディスクから旧環境を引っ越して新PCで併用
旧PCのHDDから新PCへ  
壊れたPCから取り外したハードディスクから別のPCへ、OSも含めたすべて(OS/アプリケーションソフト/設定/ユーザーデータ)を移行し、併用するために使用します。使用中のPCが壊れて機能しなくなった場合でも、ハードディスクが正常に機能していれば、壊れたPCから取り外し、外付け用のハードディスクケースに入れて別のPCへUSB接続したり、内蔵ドライブとして増設したりすることで、環境移行が可能です。
 
 
あっけないほどシンプルな移行操作
画面1
移行元(ソース)と移行先(ターゲット)を選択して[進む]をクリック
 
画面2
移行プロセス進行中
 
画面3
移行完了
 
 
最新IT技術の恩恵をすべての人へ
Zinstall XP7による画期的なPC環境引越しソリューションは、仮想化技術(Virtualization)によって実現されています。コンピュータの仮想化とは、1台のハードウェアを同時に2台以上のコンピュータとして使うための技術です。信頼性が求められる業務用途の企業サーバーでも今や一般化しつつある手法となっており、コンピュータの台数を集約したり、古いシステムを最新コンピュータに移行して継続利用したりすることに活用されています。
本来、物理環境を仮想環境に移行するP2V(Physical to Virtual)マイグレーションでは、「ツールを使って旧環境を仮想ディスクに変換」→「新しいPCで仮想環境をセットアップして仮想ディスクを登録」といった作業が必要です。また、そもそも移行先のPCに仮想化機能が実装されていなければ、自分で仮想化ソフトを選定・調達してインストールし、仮想環境を構築することから始めなければなりません。Zinstall XP7は、移行先PCへの仮想環境構築からP2V移行までのすべての作業をワンストップで実現し、クリック操作を数回行うだけの簡単な操作で自動的に実行します。
 
 
システム環境
■移行元(ソース)
最小 推奨
プロセッサ Intel Pentium 3またはAMD Athlon CPU IntelまたはAMDデュアルコアCPU
メモリ 512MB RAM 1GB RAM以上
ハードドライブ空き容量 1GB 20GB
ネットワークアダプタ 10/100ネットワークアダプタ/ワイヤレス ギガビットネットワークアダプタ
 
■移行先(ターゲット)
最小 推奨
プロセッサ Intel Pentium 4またはAMD Athlon XP CPU IntelまたはAMDデュアルコアCPU
メモリ 2GB RAM 3GB RAM以上
ハードドライブ空き容量 15GBに加えて、転送されたアプリケーションソフトおよびユーザーデータ用の十分なスペース 20GBに加えて、転送されたアプリケーションソフトおよびユーザーデータ用の十分なスペース
ネットワークアダプタ 10/100ネットワークアダプタ/ワイヤレス ギガビットネットワークアダプタ
 
■サポートされるオペレーティングシステム
  ソース ターゲット
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8/8.1
 
■その他
・移行元と移行先、合計2台のPCでご使用になれます。
・移行元および移行先のOS両方において管理者権限でプログラムを実行する必要があります。
・オンラインプロダクトアクティベーションを行うためにインターネット接続が必要です。
・新しいバージョンのWindowsから古いバージョンのWindowsへの環境移行は行なえません。
・Windowsがセーフモードで実行されている場合、Zinstall XP7を実行することはできません。
・Windowsが正常に動作していない、またはWindowsのサブコンポーネントのいずれかが壊れている場合、移行が正常に行われないことがあります。
FAQ
Zinstall XP7に関するご質問は、こちらの「FAQ」をご参照ください。
ページの一番上に戻る