製品案内
productsmenu
zinstallwinwin zpod zinstallxp7
digionsoundx digionsoundx-express CurioSound
secuPrint5 steganos

SecuPrint5 Steganos- マイナンバー削除、偽造・改ざんの防止、原本保証などセキュリティ印刷を実現する「地紋印刷ソフト」


secuPrint5 Steganos- マイナンバー削除、偽造・改ざんの防止、原本保証などセキュリティ印刷を実現する「地紋印刷ソフト」

secuPrint5 Steganos とは

「secuPrint5 Steganos(セキュプリント5 ステガノス)」は、複写機でコピーするときに「XX証書」、「コピー不可」とか文字が浮かび上がる「地紋」を埋め込んで印刷できる地紋印刷ソフトです。任意のテキスト、書式、フォント、サイズ、色、位置など、自由に地紋を設定し挿入できます。ユーザ名、コンピュータ名、ドキュメント名、プリンタ名、印刷日時などのセキュリティ情報の強制挿入、さらには、文書全体への展開や複数地紋の挿入も可能ですので、不正コピーによる情報漏洩の抑止、偽造・改ざんの防止効果を期待できます。文字と背景を反転させた地紋も可能です。機密文書や証明書用に、地紋入りの専用紙を使う必要もなくなり、コストを削減できます。さらに、マイナンバー削除機能により、印刷物からのマイナンバー流出を防ぐことができます。

スクリーンショット
印刷原本例
スクリーンショット
コピー例(コピーすると文字が浮き上がります)

「secuPrint5 Steganos」では次のような特徴があります。

  1. マイナンバーを強制的に削除(空白または黒塗り)して印刷できます。
  2. コピーすると文字が浮き上がる「地紋印刷」、「透かし印刷」、「QRコード印刷」に対応しています。
  3. インクジェットプリンタ、レーザプリンタ、複合機、ネットワークプリンタ、共有プリンタ、ポストスクリプトプリンタなど
        ほとんどのプリンタで利用可能です。
  4. 普通のコピー用紙を利用でき、高価な地紋用紙と比べ経済的です。
  5. 印刷機能がある全てのアプリケーションからの印刷物に適用できます。
  6. 「誰が」、「いつ」、「何を」などのセキュリティ情報から、任意の文字列まで自由に地紋・透かし設定できます。
        文字種、サイズ、場所なども自由に設定可能です。
  7. 文書全体や一部など、自由にレイアウト可能で、一部を切り取っての不正な持ち出しなども抑止できます。
  8. 複数の地紋・透かし、QRコードを設定し、合成印刷できます。
  9. プリンタ毎に最大20 種類の異なる内容の地紋・透かし設定(お気に入り設定)できます。
  10. エクセルなどアプリケーション毎に異なる地紋・透かしのデフォルト設定が可能です。
  11. 地紋・透かしを適用するプリンタ、適用しないプリンタの指定が可能です。
  12. 地紋・透かしを適用するアプリケーション、適用しないアプリケーションの指定が可能です。
  13. パスワードで管理できますので、不正に地紋・透かしを解除されることを防げます。
  14. 印刷時情報を埋め込める印刷IDと印刷履歴で、印刷者の検知が容易です。
  15. 「誰が」、「何を」などの印刷履歴を保存、私的印刷、無駄な印刷を抑止できます。
  16. 地紋・透かし挿入で印刷されたか、また、無しの印刷かの印刷履歴が残ります。

マイナンバー削除機能

スクリーンショット

印刷時に印刷内容を監視しマイナンバーを検出した場合、自動的にマスキング処理(空白または黒塗り)によりマイナンバーを削除して印刷できます。人的ミスによるマイナンバーの流出などを防ぐことができます。また、強制削除ではなく、プレビュー機能を利用してプレビュー画面上でハイライト表示されたマイナンバーを個別に削除することも可能です。マイナンバー削除機能に加え、印刷イメージやマイナンバーの検出/削除数まで含んだ強力な印刷ログ機能もサポートしており、マイナンバーの取り扱いの注意すべきことに「必要かつ適切な安全管理措置」の対応策となります。

紙に印刷しないでファイルとして保存するような仮想プリンタ型製品(PDF 作成ソフトなど)にも対応しますので、例えば、マイナンバーが削除された形でPDF保存できます。本機能の on/off で簡単にマイナンバーを含んだ保管用の資料、マイナンバーを消した閲覧用の資料などを作成することができます。

地紋作成機能

任意のテキストを設定できるほか、書式、フォント、サイズ、色、位置など、自由に地紋を挿入できます。全面展開や行間隔、文字間隔も自由に設定できます。さらに、地紋の濃さを変更したり、文字と背景を反転させたりもできます。機密文書や証明書用に利用していた地紋入りの専門用紙の代わりに、普通用紙に直接印刷でき印刷コストの削減を期待できます。

普通のレーザ/インクジェット/複合機、また普通のコピー紙を利用可

スクリーンショット

普通のレーザ/インクジェットプリンタ、複合機、ネットワークプリンタ、共有プリンタで利用できます。また、普通のコピー用紙が利用できるので地紋専用紙に比べコストを削減できます。

「誰が」、「いつ」、「何を」などのセキュリテイ情報を自動的に挿入可能

スクリーンショット

「ユーザ名」、「コンピュータ名」、「ドキュメント名」、「プリンタ名」、「日付」、「時間」等のセキュリティ情報を強制的に透かし印刷したりもできます。印刷物の出所が明確になり、私的印刷や情報漏洩防止に効果的です。

地紋を文書全体や一部など、自由にレイアウト可能

スクリーンショット

文書全体や一部など、自由にレイアウト可能で、一部の不正な持ち出しも抑制できます。

「透かし」、「QR コード」印刷にも対応

スクリーンショット

弊社製品「secuPrint5 Watermark」の全機能をサポートしており、地紋印刷に加え、透かしやQR コードの印刷も可能です。「誰が」、「いつ」、「何を」印刷したかなどのセキュリティ情報、また、「社外持ち出し禁止です。」などの任意の文字列を透かし印刷できます。また、「QR コード」にはセキュリティ情報や任意の文字列を埋め込むことが可能です。地紋、透かし、QR コードの合成印刷も可能です。

プリンタ毎の個別設定

スクリーンショット

複数台のプリンタを利用している場合、それぞれのプリンタ毎に異なる地紋を最大20個まで設定しておけます。いちいち新たな地紋を設定する必要がありません。

アプリケーション毎の個別設定

スクリーンショット

アプリケーション毎に個別の地紋を設定しておけます。特定のアプリケーションからの印刷だけは特別の地紋にしたいなど用途にあった設定が可能になります。

対象アプリケーションの除外と許可

スクリーンショット

地紋を適用したいアプリケーション、また、適用したくないアプリケーションを設定することができます。写真印刷用など、地紋を適用せずに印刷したいアプリケーションを利用しているときなどに便利な機能です。

対象プリンタの除外と許可

地紋を適用したいプリンタ、また、地紋を適用したくないプリンタを設定することができます。

印刷履歴の保存と統計

スクリーンショット

印刷日時、ページ数、ドキュメント名、プリンタ名、コンピュータ名、ユーザ名、部数、カラー/モノクロ、両面、用紙サイズ、マイナンバー検出数やマスク数など合計21項目の印刷履歴を保存しておけます。また、「印刷履歴と統計」画面で印刷実績を確認することができます。保存した履歴はCSV形式での保存も可能です。さらに、個々の印刷物に振り分けられる「ドキュメントID」を地紋/透かし挿入でき、印刷履歴から特定の印刷物の情報を容易に確認できます。

パスワード管理で不正な利用を排除できます

スクリーンショット

パスワードで管理できますので、不正に地紋を解除されることを防げます。また、「ドキュメントID」を含んだ詳細な印刷履歴で印刷物の出所確認も容易に行えます。

印刷テスト

スクリーンショット

印刷テスト」機能で実際に紙に印刷して、透かし内容を確認できます。

動作環境

対応OS:
Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
動作するコンピュータ:
IBM PC/AT 互換(Intel Pentium またはその互換 CPU 最低1GHz 以上 / Intel Core2 またはその互換 CPU 2GHz 以上を推奨)
*Intel Itanium CPU (IA-64) には対応していません。
動作に必要なメモリ:
最低 1.5GB 以上/推奨 2GB 以上
インストールに必要なディスク空き容量:
最低 20 MB 以上

その他

  1. 全ての機能が紙に印刷されずファイル化が目的のPDF作成ソフトなどの仮想プリンタドライバにも適用されますので、例えば、マイナンバーが削除された状態でPDFファイルとして保存することができます。PDFファイルを送ってしまったなど人的なミスによる情報流出を防げます。ただし、地紋や透かしは、保存したPDF等を紙に印刷する際に劣化しますので、PDF化する際ではなく、実際、紙に印刷する際に地紋・透かし印刷をするなどの利用方法をお薦めします。プロファイル機能により印刷条件を複数作成しておくと便利です。
  2. イメージデータ(PDFファイル等)にマイナンバーが存在する場合、印刷時に削除されません。PDFファイル等を作成する際にマイナンバーが削除されて保存されます。
  3. 「印刷履歴」のログに記載されるページ数は、印刷対象文書から出力したページ数になります。複数分の総印刷枚数ではありません。MS Excelでは、複数部印刷した場合、「1」という表記のログが部数分記録される場合があります。例えば、3部印刷した場合、部数「1」のログが3回記録されます。一部のプリンタとアプリケーションの組み合わせでは、複数部印刷時、1部の文書として印刷を行うため、部数が1と記録され、ページ数が部数をかけた数値で記録されます。また、「カラーモード」では、プリンタプロパティの設定内容がログとして残ります。
  4. プリンタの機種によっては、プリンタドライバの「割付印刷機能」で複数ページを1枚の用紙に印刷した場合、正常に印刷されない場合があります。あらかじめ確認した上でご利用ください。
  5. ポストスクリプトのプリンタドライバを使用している場合、ポストスクリプトドライバの再現性 (変換性能) の問題から、正確に印刷されない可能性があります。メーカーのサイトより最新バージョンのドライバをダウンロードし、それを使用しても改善されない場合は、PostScript 以外の言語を使用するドライバを使用してみてください。多くのメーカーでは、PCL などの別の言語を使用するドライバを用意しています。
  6. 本製品は、お持ちのプリンタがご使用の環境に対応していない場合は使用できません。ドットマトリクスプリンタおよびプロッタ、その他特殊なプリンタでは働きません。
  7. XPS プリンタドライバをご利用の場合、ご利用アプリケーションによっては、地紋や透かしが印刷されない、また、正確に印刷ログを取得できないなどの問題が発生する可能性があります。XPS プリンタドライバをご利用の場合は、PCL など一般的なプリンタドライバに変更してご利用ください。最新のプリンタドライバはメーカーのホームページ等から入手できます。
  8. プリンタの機種によっては、ドライバの再現性の問題で、地紋や透かしの濃さが正確に反映されない場合があります。
  9. 地紋印刷では、印刷した結果の隠し文字の見え方、コピーした際の隠し文字の浮き出し方は、使用プリンタの環境、選んだ地紋色/濃度などの設定、また、機種に依存するため、すべての機器の動作を保証するものではありません。使用プリンタや環境、また、選んだ地紋色、濃度などにより、文字が浮き上がらないことがあります。ご利用前に、地紋色、濃度などをご確認の上、ご利用ください。また、地紋は用紙全体に印字されるため、インク/トナーの消費量が増加します。
  10. 「QRコード」の透かしは、読み込みの精度を高めるため濃度調整や色の選択はできないようになっています。また、読み取り精度はスキャナに依存しますので、100%保証するものではありません。
  11. 「Internet Explorer」等の一部アプリケーションでは、印刷時に確認画面を閉じた後、確認画面の残像が稀に残る場合があります。印刷が終了すると残像は消えます。表示上の問題だけであり、印刷処理自体には問題はありません。
  12. Windows 8/8.1/10 ではデスクトップアプリケーションとして動作します。また、Microsoft Edge などの Windows ストア アプリ にも対応しています。
ページの一番上に戻る