zpod
zinstal-winwin
productsmenu
zinstallwinwin zpod

10日間だけの限定情報

32ビット版のWindowsから64ビット版のWindows 10に無償アップグレードできるか?

基本をおさらいしておきましょう!
通常、Microsoft社のOSアップグレードでは32ビット版のWindowsを例えばWindows10にアップグレードしても32ビット版のWindows10にしかなりません。
もちろん、クリーンインストールして64ビット版のWindows10にすることは出来ますが当然上書きなのでアプリケーションやデータなどはアップグレードした環境に引き継がれることはありません。

しかし、2016年7月29日までは無償でWindows10を入手出来ます。
この機会とZinstall WinWin Windows10対応版を利用して一気に64ビット版のWindows10にアップグレードしてしまいましょう。
もちろん、32ビット環境から64ビット環境では快適さが一気に変わりますし、ZinstallWinWinを使えば今まで使用していたソフトウェアやデータもそのまま使用可能です。その手順はこのPDFにすべて書いてあります。
http://leapcorp.co.jp/support/download/pdf/32bit_64bit_Win.pdf

またMicrosoft社のOSに関する見解はアスキーさんのこの記事に詳しく載っています。
http://ascii.jp/elem/000/001/185/1185083/
『無料アップグレードした時点で、クリーンインストールもできるようになる。実は、その際に64ビット版でもインストールできてしまうのだ。そこで、寄せられたのがライセンス的にどうなのか、という疑問。日本マイクロソフトに聞いたところ、これはOKとのこと。同時に使うのはNGだが、どちらか一つであれば32ビット版でも64ビット版でもいいようだ。』

また記事の中で問題点とされている「64ビット版にすると、32ビット版で動作していたアプリケーションが動かなくなる可能性」もZinstall WinWinを活用することで解消されてしまうスグレモノのコンビネーション。
あと10日しかないが、試す価値は十分にある!

ページの一番上に戻る